ビニール肌でも大丈夫

こんにちは。エマンエマン清水ゆみです。

今日は、ビニール肌について書いていこうと思います。ずーっとずーっと気になっていたのです。

ビニール肌とは?

 

ぱっと見はツヤのある。が、お肌のキメが無い。
化粧水がしみたり、赤ら顔だったり、異様にテカっている…そんなお肌のこと。

 

原因は、スキンケアのしすぎとか、ゴシゴシ擦りすぎとか、高級化粧品や高栄養のスキンケアを使うとなるとか。

角層が薄くなってしまい乾燥している状態なので、対処法はとにかく保湿をすること。

皮膚科ではワセリンやクリームを処方されるようです。

 

皆さま、どうやらこのビニール肌という言葉に振り回されているみたいです。

自分の肌がそうだと思い込んでいるようですね。

  • 今までのケアを辞めて肌断食してみる
  • ミルククレンジングに変えて優しく洗顔してみる
  • 保湿のためにコットンパックで保湿+乳液や油分で蓋をするように心がける

どうでしょうか?心当たりありませんか?

ところで、そういったケアであなたのお肌は綺麗になりましたか?

むしろ痒みや赤み、ニキビに悩まされているのではないのでしょうか?

 

エマンエマンが考える原因

何百件もビニール肌の方の施術をしてきた私どもの考えをご紹介します。

巷で言われていることとは全く違いますので驚かれるかもしれません。

ビニール肌の原因

ビニール肌の原因は摩擦・乾燥・水分不足です。

対処法は保湿です。これは本当にその通りだと思います。

ただ、保湿するために使っているであろう乳液やクリーム、コットンこそがビニール肌の原因なのはご存知でしょうか?

油分を使ってしまうと、人間の肌は永遠に油分に頼らなければならないことになります。

また、お肌は刺激に対して「何とかせねば!」と守ることに一生懸命になります。

皮脂の分泌や刺激など肌に良くないことから守るために、人間は皮脂の分泌をしたり、毛を生やしたり、メラニンを活動させたりしているのです。

人間の生理機能を助けてあげるケアこそが、ビニール肌の対策に繋がることを分かっておいてくださいネ。

 

ビニール肌は大きく分けて2種類ある

長年の施術経験から、肌の状態を大きく分けて考えてみると、ビニール肌には2種類あることがわかりました。

ペラペラビニール肌

私・清水ゆみは、元々皮膚が薄いのにも関わらず、ありとあらゆる口コミ美容を試してきました。

また、カブレを繰り返してきたため、ペラペラな肌です。

皮膚が薄い(薄くなっている)ために、水分が入らないわけではないけど、蒸発しやすいタイプ。

化粧は乗りにくいですが、崩れにくい方かもしれません。

 

テカテカビニール肌

スタッフも皮膚が薄く、代謝がとても良いため皮脂が過剰に出るタイプです。お顔がてかてかですから、ある意味ビニール肌です。

自分の皮脂や乳液で蓋をしてしまい、水分を吸収しにくいお肌ですね。
いわゆるインナードライ。男性に多いです。

女性でも、男性ホルモン(黄体ホルモン)の分泌がさかんなタイプ。

化粧崩れしやすく、ニキビが出来やすいです。

以上のように、二つのタイプがあります。

 

すぐできる対処法とまとめ

ビニール肌には色々なタイプがあると申しましたが、根本原因は同じです。

ですから、私たちは親子にありながら対極の肌質ですが、ケアは同じなんです。

驚きましたか?

私たちが徹底してやっているのは、

  • 油分を肌につけない
  • コットンを使わない
  • すっぴんで出歩かない
  • 眼鏡をかけない

そして、もちろん保湿にも気を使っています。

 

さて、ビニール肌について色々書いてきましたが、

私は「そんなに気にしなくても良いのでは?」と思います。

自分がビニール肌かどうか、治るのか治らないのか、あまりそこにとらわれないこと!

まずは、肌にとって良くないお手入れをしていることに気づいてくださいね。

どうしても気になるようでしたら、私にご相談くださいませ。

 

関連記事

  1. 化粧水のおはなし

  2. 大切な皮脂膜

  3. オイルクレンジングはやめた方がいい

  4. 敏感肌ってなに?

  5. 皮膚の構造を知るとお手入れがしやすくなります

  6. まずは洗顔の見直しから

奈良サロンへのご予約

読者登録

  1. 2019.10.17

    デートって何話すればいいの?初デートの心得

  2. 2019.10.14

    ファンデーション黒い人多いな…なんで?清水ゆみの疑問

  3. 2019.10.08

    2019年10月サロンからのお知らせ

  4. 2019.08.25

    結婚・恋愛したいならまずエマンエマンでエステしてみません…

  5. 2019.07.15

    日焼け止め…要注意ですよ!詳しく説明いたしましょう