「美肌」になるには乳液やクリームは不要

この際はっきりいっちゃいます。

油分をせっせせっせと使うことはやめましょう。

皆さん油分たっぷりの化粧品大量使用していませんか?

「え?油分(乳液やクリーム)で蓋をするのが当たり前なんじゃないの?ありえない!」

と思うなら、少し考えてください。

 

人間の肌のしくみ>
肌は水分は吸収するが、油分をはじく

 

油分を先に投入なんてことをしていたら、水分がない状態で膜をはってしまい、肌本来の弾力がなくなりゴワゴワするでしょう。

きれいになるはずがありません。

オイルクレンジングは使わない方がいいですか?とよく質問を受けます。

使わない方がいいです。

オイルによるクレンジングは大切な皮脂膜をはぎとってしまいます。皮脂線を退化させます。

するとどうなるか!

おかしくになった皮脂線が急に皮脂を分泌させたり、毛穴をつまらせたりします。

そりゃ、ニキビができるわけです。

もしくは、皮脂が全く出なくなり、その部分だけ深く皮膚が陥没=シワになります。

お化粧品は油性だから、オイルで落とす。これは古い古い~!

昔は、油は油で落とす。なんてこと言っていましたが、今、そんなことしていません。

オイルクレンジングをしている方は、日中、脂ぎっている人が多いと思いますよ。

それは、もう、皮脂膜を剥ぎ取りまくっているので本来の肌ではありません。

本来の肌の役割を忘れて、剥ぎ取られた皮脂膜再生するために、必死になって脂を製造しているに過ぎません。

適度な皮脂は、バイ菌から守ったり、紫外線から肌を守ったり、表皮の水分を保ったり、保護・洗浄作用があるんです。

みんな知っていましたか?これ、知らない人が本当に多い。

お化粧や汚れは
「浮かして洗い流す」のがいいです

 

日焼け止めもオイルが入っています。

ノンオイルやオイルフリーのもの以外即刻捨てましょう。

油分が含まれた製品を使うのをやめると、自然と必要量の必要な分だけの皮脂が出てきます。

この皮脂は汗と垢と常在菌と融合して皮脂膜を作ります。

皮脂膜ができると、セラミドの流出を防ぎ、表皮の水分を保持してくれて、少々のことでは乾燥しなくなります。

お肌のペーハーが整い、菌の異常繁殖などが起こらないので、ニキビ・吹き出物ができなくなります。

ミネラルたっぷりの化粧水と美容液だけで、プルプルのお肌になります。

ついつい触りたくようなあのお肌です。

 

私が手がけているお客さまは、お肌が健康でハリがあってプルプルで素晴らしい状態になりつつある方でいっぱいです。

 

「油分で蓋をすると美肌になる」っていう宣伝文句。

普段表だって、他店や他製品の悪口を言わない私でも、ちょっとプリっとすることがあります。

「これに出会って人生が変わった、素晴らしい製品!」と自慢げにお話されている方のお肌が残念なお肌だったりすることが多いのですよね…

ちょっとムっとします。

それから、

  • もともと綺麗なお肌だったんだろうな。
  • ちゃんとケアすればいいのに。
  • ああ、肌のしくみについて本当のところは知らないのだろうな。

という人をお見かけすると、残念ね…と思います。

私は、化粧かぶれに悩んでいたころは、オイルフリーとか知らなかったです。

「保湿しなくちゃ!順番守って・・・きっと美白に・・・」

そんな風に思いながら、クレンジングも基礎化粧品もファンデーションも油分たっぷりのものを使っていました。

でも、考え方を変えて、今現在オイル系はほとんど使用していません。

その結果、化粧かぶれに悩まなくなり、キレイなお肌を保っています。

美しい肌の第1歩は、油分たっぷりの製品をやめること。これにつきます・・・

 

 


奈良サロンについて

1日2名の完全予約制
定休日:月曜日
営業時間:11時スタート・15時スタート・18時スタートからお選びください。(先着順)

メニュー一覧・料金表はこちら

予約カレンダーから申込できます!

(予約専用電話:080-6118-0126)



東京サロン

新型コロナウィルス感染拡大予防のため6月の出張サロンは予定しておりません。

施術についてお支払いについてをよくお読みになってお申込みください。

(リピーターさま優先です!)

(予約専用電話:080-6118-0126)

奈良サロン予約カレンダー

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
臨時休業
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
海の日
24
スポーツの日
25
26
27
28
29
30
31
2020年6月