自己肯定感②「自分の味方になれないのはなぜ?自分の中の人に聞いてみる」

こんにちは。エマンエマンの清水です。

自己肯定感①「メンタル劇墜ちからの復活・自分を責めないで!自分の味方になって」
劇墜ちの時は「自分を赦すことから始めよう!自分が自分の味方になってあげてね。そのためには、自分の陰の感情を受け止めてくださいっていうお話をしました。

①でご説明したように、皆さんには、自分で自分の味方になっていただきたいです。

そのためには、人間が持つ感情のことを知っておいた方がよろしいです。

自分を味方にするために自分の感情を知ろう

私たちの感情って、陰陽あります。

陰の感情

(負・暗い・マイナス・ネガティブ)

怒る、辛い、バカにする、情けない、嘘、意味不明、わからない、悪い、疑う、受け取れない、受け入れられない、拒否する

陽の感情

(正・明るい・プラス・陽・ポジティブ)

素敵、キレイ、かわいい、ありがとう、嬉しい、受け取る、受け入れる、褒める、素直

このような感情で私たちは日ごろ生きているわけです。

そして、日々過ごす中で、知らず知らず自分の感情を自分でジャッジしてしまっています。

お気づきですか?

皆さんの中にジャッジしている自分がいるのです。

ジャッジしている自分は、

  • 誰かに言われたこと
  • 教えられてきた常識やルール
  • ネットやSNSの中で読んだこと
  • 生活の中で見聞きして知っていること

などこれまでの経験で得た知識を駆使して、ジャッジしているのですよ。

私は、皆さんの中のジャッジする人のことを、○○Aって呼んでもらっています。(私だったらゆみAとなります)

そして、あなたにはもうひとりいます。

この人は○○αさんです。この人は、自分の味方である自分です。愛と平和の人。

※ 便宜上Aとαに分けているだけです。

自分の中には陰と陽の感情があることを知る

皆さんには、

あなたの中にはあなたAさんあなたαさんがいて、Aさんとαさんの意見を聞いて生きている

って思っていただけると解釈しやすいかもしれませんね。

αさんは、陽の感情高めです。

Aさんは、陰の感情が高め

自分が自分の味方になれない人には、ある特徴があります。

何か幸せなこと、嬉しいことが起きると、瞬間にAさんが出てきます

例えば、あなたが褒められたりします。

するとAさんが、

「私なんか褒められるわけないよ~」
「そんなの信用できないよ~」
「恥かくよ~」
「この場を早く切り上げちゃえ~」

って混乱させます。

Aさん多めの時のあなたは、たいてい意味不明な挙動になります。

あわわわわわって。

褒められると、謙遜する人怒り出す人って、そんな感じではないでしょうか。たいてい、あわわわってなっているはずです。

そういう人は、焦ったり、動作が大きなったり、バタバタしたりしガチなのです。

それに、あわわわわってなっているのを感じて、Aさんはまだまだ続けるんですね。

「ほらね、あなたは情けないね~」
「みっともない」
「全然駄目~」
「無理無理〜」

って言い続けます。

挙句の果てに

「誉め言葉も受け入れられないの??」

って、実は、Aさんが起こしている行動なのに、あなたが悪い!って責任押し付けてくるのね。

(人間関係でもこんなのありません?)

実は、このAさんって、みんな居ます。

Aさんは、不安要素いっぱいで面倒くさい。

幸せを感じそうになった場面でよ〜く出てきます。

みんなある。誰でもある。私もある。Aが無い人はいません。

でも、皆さんに知って欲しいのは大きいか少ないかなのです。

ざっくり分けてこんな感じになります。

  1. Aがめちゃめちゃ大きい人は、慎重で暗くて自信がないタイプ
  2. αがめちゃめちゃ大きい人は、無謀であっけらかんで向こう見ずタイプ
  3. αが結構大きくてAが小さい人は、辛いことあったけど今現在は楽しく幸せ
  4. αが小さくてAが結構大きい人は、辛いことが多すぎて今現在あんまり楽しくない

※ 今一体自分はどれなんだろうかっていうのは気にしなくていいです。

/aside]

私は、皆さんに③になっていただきたいです。

αさんを大きくして行きましょう。

Aさんは無くさなくても大丈夫。ただ小さくすればいいのです。

むしろ、小さいくらいで在った方がよろしいですね。

だってね、Aさんがやっている事は、あなたを守ろうとしているだけで、悪い事ではないのです。

何ならあなたを守ろうと必死になるとてもいい人。

AさんはAさんなりにあなたが傷つかないようにするため、一生懸命やっていることなんです。

ただね、Aさんは、ネガティブで重い感情だから、引っ張られやすいの…

地球には重力もあるし、余計に引っ張られちゃう。

Aさんの結構比重が大きくなっちゃうとあなた自身にとっては、心が重く身体も重くなっちゃいます。心と身体は繋がっていますからね。

だから、軽めのαさんをいっぱいにしてあげた方があなた自身が軽くなってラクなんですよ。

αさんは明るくて軽いのね。

清水ゆみ

因みに、私は、

皆さんがメイクレッスンやエステ、コンサルに来られるのは、

皆さんの中の明るめαさんからの申し出と受け止めています。

「何とかしたい成長したいって。αを大きくしたい」っというみなさんの希望に満ちたお心ですね、そちらを受け止めているのです。

お分かりですか?αさん多めだと、自己肯定感が高い人になるわけです。

私は、希望に満ちた心に自己肯定感が宿ると思っています。

自分の味方になれない感情はどこからやってくる?

それでは、どうして自分の味方になれないのか?どうしたら良いか?というお話をしていきます。

とにかく、自分を責めないことが必要になります。

これに尽きます。

味方になれないのは自分を責めているから

皆さん、嫌なことを言われたり嫌なことがあった時って、多分何日もムカムカ・イライラ・ズドーンとしてるんじゃないでしょうか?

そういう状態が何日も続いていくのは、Aが多い証拠。上記の①に該当します。

何なら何十年も前に言われたことを、ずーっと引きずっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(皆さんが辛い思いをお話下さるのは、平均「20年前に言われた」ということが多いですね。)

情けない思いやショックでいっぱいになって

辛い辛いがいっぱいになって

自信無くしてしまっているのではないでしょうか。

つまり、自分を責める感情というのは、自分を情けなく思ったりすることなのです。

自分を責める感情は、あなたの中のAさんから出てきている感情ということなのですね。

あなたの中のAさん、いい奴なんだけど、う〜ん、ちょっと大袈裟で不安症で、天邪鬼なのよね。

あまりAさん多めだと、物事を卑屈に捉えるクセがついてしまいます。

生きていくのがしんどくなっちゃうのです。

だから、Aさんを小さくして自分を責めることを無くすと良いのです。

知っていただきたのですが、

αさんの感情が多い③の人に、例えば、嫌なことが起こったとします。

その時はめちゃめちゃムカつきますけど、一晩寝たらハイハイさよなら〜次~って思うんですよ。

自分のどこが悪かったのかな?とは思わないのです。

「まずは自分の反省でしょ?」

「そんなことか、ある訳なーい!!」

「そんなことできる人いるの??」

と思いますでしょ?(私も思いました。)

では、αさん多めの人のように「すぐ忘れることができるか?」と言いますと、そうではなくて、あることをしているんですね。

あることをじっくりやっているのです。

それは、自己肯定感を高めるために一番最初に行うあること。

そして、自分を責めず自分の味方にするために必要なあること。

次で説明していきたいと思います。

どうやれば自分を責めずにいられるかというお話です。

尚、これは、実際にサロンメニューの「まるごとコンサルティング」で行っていることの一部となります。

お友だち追加で500円割引チケット配布中♪

インスタグラムで清水ゆみとサロンの日々・サロン情報等を公開しています。 

近鉄学園前駅徒歩2分エステとメイクのサロン「エマンエマン」

奈良県奈良市学園北2丁目
営業時間: 11:00~18:00最終受付
1日2名の完全予約制
11時スタート・15時スタート・18時スタートからお選びください。(先着順)

定休日:月曜日

 

 

アトピー・アレルギー・敏感肌の方の肌質改善エステ&メイクレッスン

東京サロンについて

新型コロナウィルス感染拡大予防のため出張サロンは予定しておりません。

東京サロン予約申込カレンダー

(予約専用電話:080-6118-0126)

奈良サロン予約カレンダー

2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
×
満席
8
×
東京サロン
9
×
東京サロン
10
×
東京サロン
11
12
13
14
×
満席
15
16
17
×
満席
18
19
定休日振替
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年6月