パーソナルカラー診断に翻弄されないで

    カラーアナリストの清水ゆみです。

    パーソナルカラー診断受けたはいいけど、翻弄されて迷走している方へ「気にしないで!」という記事を書いてまいります。

    私、年間通じてかなりの数の診断しています。

    特に、パーソナルカラー診断を自分磨きの最初のとっかかりで考えていらっしゃって、「他で診断してもらったことあります!」っていう方が私の元へお越しになるケースも増えています。

    他の診断にどうこうケチつける気はありません。

    ですが、受ける側の皆さんに、少し注意をしておきたいな、と思っております。

     

    似合う色しか着てはいけない?

    私、診断受けるのはとても良いコトだと思うのです。

    しかし、診断受けてカラー手帳やカラースウォッチもらうと、「その色しか着てはいけない」って決めちゃう人が多いように思います…

    でね、めっちゃ頑張って色を探していらっしゃって、似合うような色探す見つけた!と思ったら、

    • 「これ、若い子が着るようなモノやん」
    • 「すっごい高い!高すぎるわ…」
    • ええ~、私はこの色似合わないし(って言われたし)」
    • 「何か違うような気がする…」
    • 「私が思っているコレはシーズンに合っているのか?????」

    結局、無いやん!

    私のシーズンの服って日本に売ってるのかよ~( `ー´)ノ!?

    撃沈…

    ということが多発していますね。

     

    これでは本末転倒ですネ…。

     

    そんな風にならないためにも、ちょっと読んでおいてくださいね。

    カラー診断を受けるときの注意

    とにかく、診断するときの自分のお顔を見てきてください。

    鏡に映る自分のお顔がどう変化しているか?を見るのです。

    それだけで十分です。

    診断中に「よくわからないな」「どういうこと?」思われるかもしれません。

    これでは、アナリストの言いなりになっちゃいそうですよね…

    だからこそ、ドレープをかけた時のご自分のお顔の変化を見る!

     

    エマンエマン流・ベストカラーの活用方法

    例えば、服を着て、「しんどそう」に見えたりすることがありますよね。

    お洋服を着たとき

    • 自分自身が落ち着かない
    • 顔が赤黒く見える
    • 顔が白く見える
    • ほうれい線がめっちゃ目立つ

    こういうのが、「しんどそう」に見えます。

    そんなときは、自分の似合う(と思う)カラーに近いショールとかブローチ・アクセサリー類なんかを顔の近くに持ってくればよいのです。

     

    顔から上を小物で魅せるということですよ。

     

    ショールやアクセサリーの小物類でしたら、いろんなお色みもありますし取り入れやすいのではないかな、と思います。

    このように診断の結果を上半身、特に肩から上だけに利用するのも手です。

     

    特にお顔の色がパーソナルカラーに左右されやすいんだけど…

    実は、一番多いのは「夏・サマー」と診断されるケースなんです。

    「日本人はサマーの割合が多いらしいので、迷ったらサマーにしておけ!」みたいなところもあるみたい、なんとまぁ恐ろしい…

    なので誤診も多いです。

    このサマーのお色って言うのは全員白く、締まって見えますから、美白効果があるんですよね。

    白く見えるのが良い!と思い込んでいるアナリストなら、ほとんどの診断がサマーになっちゃいます。

    でも、実際には「お肌の質感」の判断が一番難かしく、白さの判断も難しいのでは?と私は思っています。

    例えば

    お肌は陶器のようなマットで温かみのあるお肌、それに瞳が茶色。唇の色は、ほんのりオレンジベージュ。髪の毛もほんのり栗色。

    こういう方が、サマーの色を持ってくるとどうなるか…

    老けます。

    病的な白さになります。

    退院おめでとうって感じになります。

    でもこれを、良しとするのか悪いとするのかは、アナリストの自由。

    これも、ちょっと怖くないですか?

    だから、診断している時の自分の顔を見て、それを自分の感覚で生かせばいいと思うんです。

    ちょっとくらい老けて病的に見えてもいいけど、締まって見せたいわっていう人は、それを利用すればいい。

    この色を持ってきたときに自分がどんな風に見えているのか?

    その判断をしてもらうためにカラー診断を利用すればいいのです。

    そこが、ブレてしまうと迷走しますヨ。

     

    色よりも形が重要

    色に気を取られすぎると訳分からんファッションになります。

    どういうことかと言いますと…

    3次元に住む私たちは、全て立体であります。その立体に色が乗っているのです。太陽からの反射で色が見えているんですよ。

    「あなたが見ている色」と「私が見ている色」がまったく同じ色に見えているのか?そうかもしれません。が、違うかもしれません。(ウ~ン難しい…)

    だから、

    立体でできているし、立体的に見えるんだから

    カタチを気にしてほしい。

    私はいつも思います。

    「形」で勝負しよう!色はそのあと。

    実は、私どもではイメージコンサルティングの方が人気があります!

     

     

    まとめ

    基本的に、パーソナルカラー診断の結果はそんなに気にしなくていいと思います!

    それよか、

    「アナリストに診断された色を着ないと逮捕されちゃうかも!!!」

    と思う方が増えていくのが私には恐ろしいです。

    本当に大丈夫なんですよ。

    だって、そんなことで逮捕されないですから( ´艸`)

    診断を気にしすぎて翻弄されて本末転倒にならないよう、お洒落を楽しみたいものです^^

    私どもでは、診断結果の活用法もきちんとアドバイスさせていただきます♡

    (他サロンの診断結果お持ち込み可能です。)